婚約指輪の宝石を選ぼう

カラーダイヤで個性的なエンゲージリング

ブライダルジュエリーと言えば最も有名なのはダイヤモンドです。
ダイヤモンドは「永遠の輝き」というキャッチフレーズにあるように、透明感のある美しさと世界で最も硬い鉱物ということで、将来を約束する二人にふさわしい宝石と言われています。

宝石にはそれぞれ「石言葉」というそれぞれの石が象徴する意味が付けられており、ダイヤモンドは「永遠の絆、純潔、不屈」とまさに結婚式用という感じの言葉が並びます。

ところで、ダイヤモンドは無色透明のものばかりではありません。
非常に希少ではありますが、世界には色味のついたダイヤモンドもいくつか存在しており、それらはかなりの高値で取引をされています。

そうした色付きのダイヤモンドは「カラーダイヤモンド」として区別をされており、中でもピンク色がかっている「ピンクダイヤ」は非常に人気があります。

ピンクダイヤは女性の心をくすぐる可愛らしい見た目とともに、恋愛運を高めてくれるとして一般向けアクセサリーとしても多く使用されているものです。

エンゲージリングではピンクダイヤをメインにするというよりも、メインのホワイトダイヤを中心に小さめのものを複数配置するというデザインがよく見られます。

同様に人気があるのが「アイスブルーダイヤ」や「イエローダイヤ」で、これらを有名デザイナーが配置したモデルなどが非常に高い人気です。

ダイヤモンドではちょっと色的なインパクトが弱いけど、他の宝石を混ぜたくないという人は、そうしたカラーダイヤを使用してみるのがよいでしょう。

婚約指輪はダイヤモンドばかりではない

一方でダイヤモンドではなく、自分の好きな宝石を使いたいという人もいるようです。
あまり数は多くありませんが、ダイヤモンド以外でエンゲージリングを取り扱っているメーカーもあり、好みの色やサイズから選ぶことができます。

特に人気があるのが自分の誕生石をあしらうという方法で、婚約指輪として大きな石を身につけることで自分の運気を高めたり身を守ったりする御守にすることもあります。

誕生石は、宝石ショップに行けばどこでも参照することができます。
ただ注意をしたいのが誕生石として挙げられている石は全て同じ価値であるわけではなく、かなり価格にばらつきがあるということです。

最も価格が高いのは4月の誕生石のダイヤモンドですが、最も安い12月のトルコ石はパワーストーン用としても用いられることがある比較的安めの石です。

もちろん品質にもよるので、質の悪いダイヤなら高級なトルコ石の方が高いということもあります。
ただ誕生石にこだわりすぎると、かえってエンゲージリングとしての雰囲気を壊してしまうこともありますので、購入をする時には好みや予算から丁寧に選んでください。