海外旅行をしよう

「成田離婚」とはなんだったのか

20年ほど前でしょうか、「成田離婚」という言葉が流行りました。
成田離婚とは新婚旅行に出かけたカップルが帰国して到着した空港で離婚を決意するといういわゆる早期離婚の典型的なケースとして紹介されたものです。

もっともこの言葉が流行していた頃はバブル期~後期くらいの時期で、多少安定的な収入がある女性はボーナスや長期休暇を使って海外に行くという習慣がステータス的に扱われていた時代です。

極端に言えば普段海外に行き慣れていた女性が国内で男性の配偶者を見つけ海外旅行に行ったときに、そのあまりの慣れていなさにがっかりしたということが主な原因になっています。

時代が変わって不景気の現代では、婚前から数多くの海外旅行をしているという人はそう多くありません。
むしろ結婚を決めたときに一生に一度くらいの気持ちで長期海外旅行をするという人もいるくらいです。

新婚旅行は結婚をするカップルにとっては一生の思い出に残るものですが、それは同棲をしているカップルであっても同じことです。
非日常的空間に行くことができる海外旅行は二人のマンネリ化を防ぎ新しい魅力を発見させてくれるものなので、ぜひ多くの人に経験をしてもらいたいところです。

定年後の楽しみとしても使用される海外旅行

海外旅行のよいところは、普段生活している地域から抜けることで「二人だけの旅行」感を出すことができるということです。

最近では為替の影響や交通費の低価格化から海外に行くよりも高価な国内旅行も多く登場してきていますが、やはりどれほど高級であっても国内旅行ということで感じる周辺へのバリアの弱さは消せません。

海外旅行に出かけると、仮に添乗員さんがいても知っている人は自分とその相手だけということになるため、二人だけの世界という感触を得やすくなります。

他に全く誰もいない状態で二人きりよりも、他に沢山人がいるのに味方は一人だけという方がお互いの親密度はぐっと高まりますので、全く見知らぬ土地に二人で出かけるというメリットはとても大きなものと言えます。

ただ成田離婚のように、二人だけの世界に行ってみたら案外相手は頼りない存在だと気づいたという落ちも十分にありますので、もしこれからカップルで初めての土地に旅行にいく際には、それぞれの役割を確認したりして極度に失望が起こらないようにしていくということが大切です。

楽しい海外旅行はその後何十年にも渡る基調な思い出になりますので、ぜひ旅行中はお互いに気を使いそれまでになかったような特別な空間になるような努力をしていってもらいたいです。

定年後に二人で世界中を飛び回るという趣味を持つご夫婦も多いことですし、ぜひ夫婦円満に海外旅行を上手に取り入れてください。