映画を見よう

同棲中だからこそ見たい映画

現在同棲中という人の多くは既に関係が安定しており、ともすると安定しすぎてマンネリ化をしてしまっているのではないかと思います。

そんな二人にこそおすすめしたいのが二人での映画鑑賞です。
映画というと付き合いたてのあまり会話が続かない二人のためのデートスポットという印象がありますが、あえて付き合いの長いカップルで出かけてみるとまた違った楽しみ方ができるものです。

そこでさらにおすすめをしたいのが、長く付き合っているカップルにつきもののマンネリ感に関する映画です。
映画館では見ることができなくなった作品もDVDなどであらためて見てみると名作も多く発掘することができますので、たまにはオールナイト映画会として二人だけの上演会をしてみるとよいでしょう。

新婚カップルやマンネリカップルに特におすすめできる作品として「ライセンス・トゥ・ウェディング」があります。
こちらはロビン・ウィリアムズ主演作品ということで一時期かなり有名になった作品なのですが、コメディながらもかなりリアルないまどきのカップルを描いているというところが特長です。

あまりにもリアルすぎてちょっと引いてしまうくらいの作品なので、何かをきっかけに本音で話し合いたいという人にとってはおすすめです。

感想を言いやすい映画にするのもよい方法

映画がカップルの定番デートスポットになっているのは、そのあと二人で会話をするきっかけになるからです。
「ライセンス・トゥ・ウェディング」はまさにダイレクトにマンネリ気味の二人についての話になっているので、もしかしたらリアルであるからこそ素直な感想が言いにくいということもあるかもしれません。

そこで一緒に見る映画としておすすめなのが、カップルとは直接的には関係ないヒューマンドラマなどです。
個人で好きな映画を見るときにはつい話題作になるという人も、案外あまり話題にならなかった渋いヒューマン系映画を見てみるとあらためて映画の良さに気づいたりします。

中でもおすすめをしたいのがオードリー・ヘップバーンの主演として有名になった「いつも2人で」という作品です。
こちらはオードリー・ヘップバーン主演作品の中ではややマイナーな扱いとなっていますが、全編見終わったあとのなんとも言えない感動があります。

お互いが映画が好きで積極的に見に行っているという人なら多少マニアックなものもよいのですが、もともとあまり映画が好きではないという人ならば、あまり最初から高尚な作品にせずただ楽しく見れるものを選ぶのもよい方法です。

笑えるコメディ系や息をつかせずガンガンアクションのある作品などは、とにかく2時間一緒に座る時間を提供してくれます。