kaji

同棲中の家事の分担

家事は分担しよう

同棲すると必ず出てくるのが、この家事はどっちがやるんだという話です。
お互いに私はこれはやらない、自分はこれは嫌だという風にやらないことばかりを主張していると関係があまり上手くいかなくなってしまうので、お互いにやるべき家事を決めてこなすことが大切です。
ここでは分担する家事の種類や分担の方法をご紹介していきます。
ぜひ参考にしてみて欲しいと思います。

家事の種類

まずは家事の種類ですが、掃除があります。
掃除は部屋のほこりなどを取る大切な作業です。
定期的に行なっていないと部屋にほこりが溜まってしまい、部屋の空気も汚れやすくなってしまいます。
そのためなるべくこまめに掃除をしていきましょう。
最近は軽い掃除機も多くなっているので女性でも負担なく行なうことができます。

男性でも女性でも行なうことができるので、週ごとに決めたり、半分ずつで時々行なうのが良いと言えます。
また、休日の空いた時間でやるのも良いでしょう。

次に洗濯です。
洗濯は洗濯機に入れてスイッチを押せば完了ですが、それでも面倒という方もいます。
洗った服などは畳む必要があるため、これがちょっと面倒という方もいます。
これも男性でも女性でも行なうことができるので、テレビを見ながら二人で服を畳むなど、ちょっとした合間に行なっていくことをおすすめします。

ゴミ出しについても同じです。
ゴミ出しは仕事に出る際に出すと良いでしょう。
意外と忘れて溜めてしまうということがあるので、できるだけ忘れずに捨てるようにしましょう。
日ごとに分担して決めておくと良いでしょう。

体力が必要になることも時にはあります。
買い出しなどは荷物が多くなるので、男性が行なえるなら行なうのもおすすめです、

また、食事を作るのも女性だけに任せるよりも男性も行なうと関係がより上手くいきやすくなります。
男性の方は料理をあまりしない方も多いですが、これを機会にチャレンジするのも良いでしょう。
女性だけに料理を任せていると段々とストレスが溜まってくることもあるので、なるべく配慮して作ってあげると良好な関係を保つことができます。

男性の方は料理にあまり慣れていない方は味付けなどで失敗する可能性があるので、なるべくカレーなどの失敗の少ないものから始めると良いでしょう。
間違っても本格的な料理から作るのはおすすめしません。

役割分担も相談して決めよう

以上、家事の役割分担についての種類とポイントをご紹介してきました。
家事の分担から喧嘩になってしまうことも時にはあるので、基本はお互いを思いやって過ごして欲しいと思います。
お互いがパートナーが頑張っているから家事を余分にしてあげようと考えていると、関係はとても良好なものにすることができます。