sharehouse

シェアハウスに住む場合

同棲でもシェアハウス

これから同棲しようと考えている方は物件を探している方も多いと思いますが、できれば広めの物件に住みたいと言う方は多いと思います。
いくら仲の良いカップルでも、ずっと一つの部屋で二人で過ごしていると生活しにくいことも出てきます。
そのため、できれば部屋が分かれている間取りになっている方がその後の関係も長続きしやすいと言えます。

ですが、広めの物件は費用が高いのがネックです。
家賃が10万円以上かかるのに加えて、敷金礼金などの初期費用もかなり高くなることが多いので気を付けたいと頃です。

ですが、最近は広めの間取りにも関わらず比較的安価に住むことができる物件があります。
それがシェアハウスです。
共同生活で他の方と一緒に住むことができる物件として最近人気になっていますが、カップルの同棲にも実はおすすめの物件です。
同棲をこれから検討している方は、ひとつの選択肢として考えてみるのもおすすめです。

同棲のシェアハウスのメリットデメリット

同棲でシェアハウスを利用するのはメリットもデメリットもあります。
メリットはやはり、費用が安く済むということです。
一緒に住むことができながらも広い物件に住むことができ、部屋も自分の部屋が分かれているので、通常の同棲よりも程よい距離感で生活をすることができます。
また、リビングでは一緒に過ごすことができるので、二人の時間も確保することができます。

さらに、共有のお風呂やトイレなどは共同で使うようになっていますが、これは清掃業者の方が掃除してくれる物件が多くなっています。
そのため気付かないうちにきれいな環境で利用できるのも大きなメリットと言えます。

こうしたメリットがありますが、デメリットもあります。
それは、カップル以外にも他の方も入居する可能性があるということです。
シェアハウスは複数人で住むことで家賃の負担を軽くするという物件のため、4人などの複数人で共同生活をすることも多いです。
そのため二人で過ごそうと思っても、他の方もいるのであまりラブラブな時間を過ごすことは難しいというデメリットがあります。
特に同棲はこうした二人のラブラブな時間を重視したいという方も多いので、じっくりと検討する必要があるポイントです。

また、シェアハウスに住んでいる他の方とパートナーが親しく会話していると、少し嫉妬してしまうこともあるかもしれません。
ここはパートナーの方の心の広さが問われる所ですが、一緒に住んでいる同居人の方にパートナーを取られてしまう可能性がないとは言えません。

メリット、デメリットを把握して検討を

以上、シェアハウスのメリットとデメリットをお伝えしてきました。
こちらはシェアハウス情報の参考です。

参考:「共有」と「交流」が魅力のシェアハウス

きちんとポイントを理解した上で住めば、シェアハウスはとても良い家になってくれるはずです。
ぜひ検討してみてくださいね。