ooya

同棲は大家さんに嫌がられる?

同棲は大家さんから見てどうなのか

同棲をこれからしようと考えて楽しみにしている方もいると思いますが、実は同棲は大家さんからすると嫌う方が多いのが実際です。
一体どうしてなのかと思う方もいると思うので、ここではその理由についてご紹介していきます。
また、ここでは大家さんに嫌がられないための対処方法もご紹介しているので参考にしてみて欲しいと思います。

大家さんに嫌われる理由とは

同棲が大家さんに嫌われる理由のひとつめは、単身用の物件に二人で住んでいる方も多いためです。
単身用の物件に二人で同棲するのは契約違反として、本当はしてはいけないことになっています。
二人で住むために引越しを検討せずに、勝手に一緒に住もうと言ってきたという場合にこうした状況になることが多く、大家さんからマイナスイメージになります。
こうならないためには、やはり同棲のために再度物件を借り直すことが大切です。
二人で住むことができる物件をあらためて探すようにすると良いでしょう。

次に家賃が払えずに滞納する方がいるということです。
同棲のために二人で引っ越して生活をスタートしても、幸せな生活が続くとは限らないケースももちろんあります。
二人で部屋を借りる場合、多くの場合広めの部屋に住むことが多いです。
そのため家賃も高額になります。10万円前後の物件も比較的多く、二人なら半分にすることで比較的支払える金額になりますが、一人で支払うとなるとかなりの負担になってしまい、支払えない方が出てきます。
そうして家賃を滞納してしまう方がいるのです。

大家さんにとっては家賃が滞納されることで家賃収入が入ってこないばかりか、新しい方を募集することもできないので、非常に困ることになります。
このように、二人の関係が上手くいかないかもしれないというリスクを考えて同棲をする必要があるのです。
ですが、別れた場合も想定して狭い部屋に住んでしまうと、目の前の同棲生活が快適なものではなくなってしまいます。
ここは非常に難しい所ですが、結婚を意識し始めた段階で検討することをおすすめします。
結婚がほぼ確定していれば、結婚後の生活の予行演習として同棲をすることができます。

大家さんに嫌われない同棲生活を

以上のように、同棲生活を大家さんが嫌う理由は、ある意味もっともなことでもあります。
リスクがあるのを十分理解した上で同棲生活を始めるようにしましょう。
もちろん同棲はより幸せな生活をするためにするものなので、きちんと考えた上で生活すれば、きっと良いものになるはずです。
また、上で紹介したようなリスクがあることは二人でよく相談して、事前に回避できるように準備しておくことをおすすめします。